メカニズムについて

バス外観

乗る場合はどのようになるのか

関東地方の埼玉県から出発する観光バスに乗り込む際は、目的地まで運んでもらう対価としてお金を払わなければなりません。代金を払う代わりに行きたい場所で運んでもらうのは、路線バスや高速バスと同じシステムであるものの、異なる点が存在します。路線バスや高速バスの場合、お金を払う必要がある点は同じであるが、支払いは一人で乗る際は個人で払います。前者だと車内の運賃箱に現金か電子マネーで払い、後者の場合は窓口やネットで乗車券を買うのです。他方で、埼玉発の観光バスに乗車するのであれば、支払いは原則として間接的に行う形となります。例として、グループなどの集団で乗るのであれば支払い担当者を決めて、その人が参加者からお金を集めて決済します。ここで、支払いの担当者以外はその人物を通じて払う形になるものの、結果的に決済したからバスに乗車できるのです。よって、埼玉県発の観光バスを利用する場合には路線バスや高速バスとは異なった支払いを行います。他にも異なる点は、路線バスや高速バスは基本的に個人が一人一人乗るのに対し、観光バスは集団による貸切です。特に路線バスだと途中の停留所で乗客の乗降がある関係で、車内の人数が変化する場合があります。一方で、観光バスの場合だと乗客が集団なので目的地が同じなため、人数の変化は原則としてありません。ゆえに、埼玉を出発する観光バスを使う場合と路線バスや高速バスに乗り込むケースでは、類似点と相違点があります。しかし、お金を払ってその対価としてサービスを使う部分については根本的に変わりはありません。